バスケのシュート精度を上げたい高校生必見!自宅でもできる簡単な練習法を紹介します!

今回は、バスケットの

・シュート精度を
上げたい高校生!
・シュートの練習方法!
・自宅での簡単練習!

について説明したいと思います。

まず、苦手な原因を確認しよう!

この記事を見てくれている方は、少なからずシュートが苦手な方だと思っている人・シュートの精度を上げたいと思っている人だと思います。

なので、最初は自分が苦手な理由原因を把握しておきましょう!

簡単に言うとシュートが苦手な人は

狙ってる方向にボールが飛ばない!

シュートがゴールに届かない!
or
ゴールを超える!

の2パターンです!!

狙っている方向にボールが飛ばない

狙ってる方向にボールが飛ばない人で一番多いパターンは、シュートを打つ際に肘が外に向いてしまう事です。
よく言われている事だと思いますが、実際に肘が外側に向いているだけでボールに加わる力が真っすぐにいかずに外にそれることが多いです。
右肘を真っすぐにすると少し窮屈な感じもしますがそのほうが狙った方向にボールが飛んでいきます。

それともう1つの原因として考えられるのは、ボールに添えている左手に力が入ってしまうパターンです。
手が小さい人や力が弱い人などが、特にやりがちな所で片手でボールを保持できないときに左手に頼ってしまい結果ボールに余計な力が入ってしまうのです。
そんな方はボールを常に持ち、手になじませると自然と片手で保持しやすくなります。

常にボールを持つのは本当に意味があり、繊細な動きをする手の感覚機能に対し良い刺激となります。持つときは手のひらではなく、指の先で感覚を確かめながら行うと脳への考える刺激ともなるのでより良い刺激となります!

↑理学療法士としての個人的な考えです!

シュートがゴールに届かない人・超えてしまう人

まず、よく言われるのが感覚と言われます。確かに感覚もそうですがシュートフォームが結構大切です。
シュートが届かない人は筋力が足りないから仕方ないという意見が多いです。筋肉も必要ですが、筋肉をつけたからと言ってシュート距離が延びるわけではありません。
基本的にバスケのシュートは、

膝のバネ体の伸び
肘の伸び手のスナップ
というふうに力が加わります!

この動きをしっかり連動させると、力がない人でも長い距離ボールを飛ばすことができます。

これができているかどうかを
確認するのに1番いいのは
動画を撮ってもらうことです!

恥ずかしい感じもあるかもしれませんが、本当にシュートを入るようにしたい人は絶対に行ったほうがいいです!

友達に携帯などで撮ってもらい
1動作ずつコマ送りにしたり
今は、スローモーションなどもあるのでじっくり見ることができる思います!

確認すべきところは
上記で述べた
膝のバネ体の伸び
肘の伸び手のスナップ
が順番通りできているかです!

順番がバラバラになることは無いと思いますが、今までシュートが苦手な人を見て1番多かったのは、

体を伸ばすとき
肘を伸ばす動作
一緒になっている人です!

これも理学療法士としての視点も入っているのですが、皆さんはシュートを打つ直前は背中を丸めて打った後は、背中が伸びていると思います。
つまり、シュートの際は少なからずこの背中の伸びの力が加わっているということになります!
しかし、別にシュートする際に「背中を曲げないといけない」という意思はないと思います。
これは、人の特徴である運動連鎖の1つであり、膝が曲がると股関節も曲がり骨盤が後傾し脊柱(背中)が曲がるのです!

伸ばすときも同様に運動連鎖が働くのですが、それは体までで肘の動きや手のスナップ別です!

なので、せっかくの下からの力を上に連動させることができず、結局 肘の伸びと手のスナップだけでシュートを打ってしまっているのです!

これでは勿体ないので何度も動画で確認し理想の流れを掴みましょう!

この動画は結構分かりやすいので参考に見てください!
23秒くらいからシュート説明が入ってます!

この動画からも分かるのですが

シュート精度を上げるためには

・シュートする肘の向き
・膝から指先まで1連の流れ
もそうですが

目線も大切です!

シュートする際に顔の前にボールを構えてしまうとゴールが見えなくなってしまいます。

シュートを打つ目的
ゴールを決めるためなのに
そのゴールが見えないと
意味がないです!

1番理想とするのは、シュート後の目線にゴールとボールを放った手が入っいることです!これを繰り返すとシュートを打つ際にゴールを超えるか手前で落ちるかシュートが入るかどうかが自然と分かるようになります!

シュート練習

シュート練習おすすめ!
(右利きの場合)

右の手のひらを上にして
肘を伸ばした状態で
ゴールとボール・目線を
直線で結べる位置に置き

その直線を維持したまま
肘を曲げる

そこから手首を回転させ
頭上にボールを持ち上げる

その時肘は真っすぐに上げる

そこから始めは
肘と手のスナップだけで打つ!

*なるべくフォームを崩さないようにするために近い距離から始める!

その動作になれて来たら、膝を使い始める!

近くから始めだんだん距離を離していく!

しかし、距離を離していく時に途中で入らなくなったら、また近い位置からやり直す!

これを繰り返すとシュート精度がアップします!!

自宅でできる練習

まずは、ボールを持っている前提で話します!
*バスケのボールが持ってない方は、バスケのボールくらいのサイズの100均のボールとかでも大丈夫です!

自宅で練習というのは中々できないと思うので、簡単な内容で効率のいい練習を教えたいと思います!

まず、上記でも述べていますがボールを常に触っておくだけでもドリブルやシュート・フェイントなどの精度が上がります!
よく熱血コーチなどが「ご飯の時も寝る時も肌身離さず持っておけ!」という人がいますが本当にそう思います!毎日続けてみると分かります!

また、利き手だけなく左右の手に交互にボールを渡したりするのも効果的です!

シュート練習は、いい動画あったので参考にしてみてください!

これを記事を参考にしていただきシュート精度を上げて、是非試合で活躍し周りのみんなを驚かせてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする