トライアスロン初心者でもできるタイムを早くするコツ!第4の競技トランジションとは?

今回は、トライアスロンでタイムを早くする方法について、初心者の方でも分かるように教えたいと思います!

トランジションとは?

トライアスロンは、スイム→バイク→ランの流れで行われますが、種目から種目への切り替えの際に行うトランジションエリアというものがあります。

タイムを簡単に早くするうえで、このトランジションものすごく大事です。

トランジションとは、エリアが設置してありウエットスーツからバイクの服に着替える際、バイクの服からランの服に着替える・靴を履き替える際に使用するエリアです!

*簡単に言えば競技の服装・道具の切り替えですね!

トランジションを素早くスムーズに行うことができれば、タイムの短縮好結果が期待できます。

トップアスリートたちは、このトランジションを数秒で完了し全く無駄がなく行います。


では、トランジションが得意でないとどうなるのか?
1時間弱スイムしたあとトイレに向かい、最終的にトランジションに約17分も費やしたアスリートがいたという話を聞いたことがあります。

個人的には、約5分以内に次の競技に移れるようにしたいですね。また、このトランジションはトライアスロンの第4の競技と言われてありアスリートたちもとても重要視しています。しかもトランジションは、難しくなくコツを知っていれば簡単に誰でもできるのでこの記事を参考に他の競技者と差を広げましょう!

設置の仕方で時短!

では、このトランジションをどうやったら時間が短縮できるか?
下の画像を元に説明していきたいと思います!

トランジションエリアは、このようにバイクをぶら下げるように置きます!

この時の置き方が重要でどれだけ素早く着替えれるかが勝負です!!

ポイントごとに分けて説明したいと思います!

point.1
靴は、あらかじめ開いておく!

スイムから上がってきた後は、バイクに移行しその際バイク専用の靴を履きます!バイク専用の靴は固くそのまま設置するとすぐには履けないので開いて置いときましょう!

*ちなみに自分は、履く前に水を吹いているのでタオルを置きその上に靴を設置してました!

point.2
サングラスは、ヘルメットの中へ!

バイクの種目の際、必ずヘルメットを着用することが義務図けられています。

また、その際サングラスも着用すると思いますが、この2つをバイクのハンドルなどにぶら下げ、さらにサングラスを開いた状態でヘルメットに入れておくと時短になります。

実際に、この2つは難しい事ではないので簡単にできます。

同時進行で時短!

競技ごとに服装が変わるので、早く着替えることは重要です!そのためには、やはり同時進行で行う事が必要です。

トランジションエリアでエネルギー補給する人もいれば、トイレに行く人もいます。そこでも同時進行で動作を行うことが必要です。

エネルギー補給をする際は、足はフリーの状態なのでエナジードリンク飲みながら靴を履くヘルメット、サングラスを着用しながら靴を履くなど同時に行える所は同時に行いましょう!

また、日常生活でも早着替えを心がけておくと自然と行えると思います。

最後に

上記のことをマスターしておけば初心者の方でも簡単に時短ができること間違いなしです!
また、何度も繰り返すことでよりタイムを早くすることができるので常に意識して生活してみてください!

トライアスロンに出る際に是非この記事を参考にしていただき好記録を出していただきたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする